学生ローン 在籍確認

MENU

審査なのでしょうがないです。

在籍確認というのは、審査の際に書いた会社などに勤めているかという確認を、ローン会社が電話で確認します。

 

解説者

ローン会社としても嘘をつかれていたら大変ですので、ちゃんと確認しておかないといけないですから仕方ないですよね。

 

在籍確認と聞いてちょっと不安に思う人もいるかと思いますが、正直在籍確認って簡単なものですよ。

 

学生の場合ですとアルバイトをしていると思いますが、そのアルバイト先に個人の名前で電話してきて、「○○ですけど、○○さんいますか?」みたいな感じで不通にかけてきます。

 

で、いない場合は「今でかけてます。」と電話を受けた人が行ってくれればそれで確認OKですし、いる場合は電話を代わって生年月日等を聞かれるぐらいで確認OKなのです。

 

ですのでそんなに気にすることはないかと思います。

 

あと、学生の方がローンを利用する場合、アルバイトをは必ずしておかないといけません。収入がないと借りられませんからね。ですので、ローンを利用したいけどアルバイトをしていないという方はまずはアルバイトを始めないといけないですよ。

 

学生でも借りられるローン会社でお勧めのところといえば、「アコム」ですね。金利も低くて知名度もあって利用するには適していると思いますので。

 

 

≫アコムの公式サイト・申し込みはこちら

 

 

スニーカーブームの頃のキャッシング体験談

 

私は大学生時代にカードを作っていました。学費は別に親からの仕送りで払っていたのですが、何かあった時のためということで、飲み代や遊興費のためにカードを作ることにしたのです。

 

当時は学生向きのローンもちょうど出てきたころで、私は重宝させてもらっていました。

 

そんな学生生活を送っている最中に、あの『スニーカーブーム』がやって来るのです。当時は折しもエアマックスなどのスニーカーが幅を利かせていた時代。イエローアンドグレーなどを持っていようものなら祭り上げられるような感じでした。

 

さすがにイエローは買えないなと私は思い、スニーカー雑誌に当時掲載されていた「エアマックストライアックス」という靴を買うことにしました。値段は17,000円。学生にはきつい値段です。

 

その日、友人とスニーカーショップを巡っている最中に偶然、その靴を見つけました。残り一足。

 

店員さんに、「今これ買いますから待っててください。」と伝え、友人は別の場所で待っててもらい、私はキャッシングATMに走りました。そうしてすぐに20,000円を借りてショップに戻った私はすぐにその靴を購入し、履いて帰りました。

 

あれが私のキャッシング人生で初めて大きな買い物をした瞬間でした。幸い、バイトをしていたので、返済には困りませんでした。

 

欲しい物を先に手に入れて、楽しみながらお金を払う。これが現代人の生き方なのかなあと人生勉強をした体験でした。